現世はこのままで

いろんなジャニーズ。主にNEWS。毎日妄想ばかり。

セミオトコを見て思う。山田涼介ってすごい!!

最終回を迎えてだいぶ日が経ってしまいましたが記録的な感じで書かせて頂きます。

完全に自己満です。ご了承ください。

 

【今年の夏はセミオトコで乗り切った気がする】

 

2019年の夏はセミオトコにハマりにハマりました。

始めは興味本位で見始めただけだったのに…山田くんの演技に翻弄されて毎週楽しみになっていきました。

このドラマの特徴は始めから主役の2人(おかゆさんとセミオ)の別れが決まっているということ。なかなかラブストーリーで始めから別れる前提で始まるストーリーってなかなかないですよね。

 

だから毎回切なくて二人の距離が近づけば近づくほど涙しちゃうわけです。

たった1週間の出来事を1クールのドラマにしちゃうのですから驚きです。全く。

 

ドラマが始まる前から言われていましたが、

 

このドラマは山田担のためのドラマなんじゃないか!!

 

正直そうだと思います。

というか…脚本家の岡田さんもそうインタビューで答えていました。

おかゆさんとセミオのストーリーはアイドルとファンのストーリーと似てるってね。

なぜならどちらも永遠ではないからということでした。

いつかこの関係性には終わりがくるんだとこのドラマを通して描きたかったそうですよね(間違っていたらすみません)

 

私も長年アイドルファンをしていますが、ドラマを通して考えさせられました。

私も人間でアイドルだって人間で、こっちからしたらいつまでもキラキラ輝くアイドルでいてほしいし、それを追いかけていたいけど…きっとそれは叶わぬ夢なんだろうなと…

いつか別れがきて、夢も覚めるんだなって…

アイドルって本当に尊いものですね…。

 

セミオは山田くんにはぴったりな役でした。

なぜなら山田くんはアイドルの代表みたいな人だと私は思うからです。

岡田さんもはじめから山田くんを想定して脚本を書いたと言っているし、山田くんに断られたらどうするつもりだったのでしょう?

山田くん、このオファーを受けてくれて感謝です。

 

山田くんの表情の演技は最高でした。あれだけアップでも耐えられる顔面のクオリティー。肌きれいすぎ( ꒪⌓꒪)

序盤の少年ぽさから回を追うごとに成長していく感じ。もう全てが最高です。

そして、相手役の木南晴夏さん演じるおかゆさんのなんとも言えない素朴さとあったかさ。そして、セミオを包み込む優しさ。

日々空気のように生きてきたおかゆさんがセミオのおかげで覚醒する感じ。

たった1週間なのに、セミオなしでは生きられないと思わせてしまう程の恋。

あぁー本当に涙なしでは見れなかったなぁ。

 

おかゆさんが一緒に死のうとしてることに気づいたセミオがおかゆさんに語りかけるシーンはもうたまりません!!

あと、山田くんの泣きの演技は天才的!!

なぜに山田くんの涙はあんなにも美しいのですか?誰か教えてください( ꒪⌓꒪)

 

そして忘れてはいけないのはうつせみ荘の住人たち。大家のねじくぎ姉妹さんにまささんはるちゃん夫妻、かなこちゃんに小川さん。このメンバーいい味出し過ぎでしたよね。

みんなそれぞれ心に引っかかってる事があってそれをセミオのおかげでほぐれてく感じが本当にいい。

みんなでご飯を食べたり、お話したり…本当にいいアパートですよね。

人との繋がりが気迫になってる昨今、住人同士の距離がこんなに近いのってあります?(シェアハウスとかだったらありえるかもしんないけど…)

少ないだろうなぁ。ちょっと住みたいですもん。私…。笑

特に小川さんとセミオのやり取りは最高だったな。

f:id:amokosan:20191013224113p:plain

 

俳優・山田涼介のすごさに気づいた夏

 

今まで山田くんが出てる作品をちゃんと見たことがありませんでしたが、こんなにも山田涼介という人が演技者として素晴らしい人だとは思ってもいませんでした。

ついつい優れた容姿にばかり目がいきがちですが、実力も兼ね備えた最強アイドルだったのですね。

私の中での山田涼介はどっちかというとクールでかっこいいイメージだったので、セミオのように少年ぽい可愛い雰囲気は新鮮でした。

f:id:amokosan:20191013224159j:plain

 

f:id:amokosan:20191013224230j:plain

セミオトコのおかげて大嫌いな夏を少しだけ穏やかに過ごせた気がします。(セミの鳴き声もうるさく感じなかったし。笑)

 

ありがとう、セミオトコ。

そして、このドラマを書いてくれた岡田さんにも感謝ですね。

アイドルとファンの切ないストーリーをセミオトコのストーリーにのせてくれてありがとうございます。

いつかくるかもしれない別れの日まで懸命に生きれたらなぁ~って思いました。

 

また素敵な物語を楽しみにしています。

f:id:amokosan:20191013224318p:plain

 

長々ありがとうございました。